ウォーターサーバーに関しての記事

ウォーターサーバーをお試し体験!<ウォーターサーバーとは>

ウォーターサーバーのお試し体験<ウォーターサーバーとは>

最近、ウォーターサーバーのお試しに興味があります。いろんなウォーターサーバー業者がお試し期間をもうけているようで、無料お試しも多いんですよ。

無料お試し・・・いいですよね。でも、お試し後に強く勧誘されたらどうしよ・・・なんかお試ししてしまうと、お試しだけで終わるのが申し訳ないようなかんじがしてしまいそうで・・・なんて思いながらも、どこのお試しに挑戦しようか、わくわくしてます。と、その前に、ウォーターサーバーって何?と思ってる方のためにもウォーターサーバーのメリットなどについてお話していきますね。

ウォーターサーバーとは、病院やサロンなんかでよくみかける、押すだけで冷たいお水がすぐでてくるアレです。

最近は会社においてあるというところも多いようですが、一般家庭でも置いてあるという方が着々と増えてきているようです。やはり、皆さんお試しから始めたそうですよ。

ウォーターサーバーのメリットはたくさんあるようですね。まず浄水器と比べると、選べるお水の種類がたくさんあります。

浄水器だと、水道水をキレイにしたものを飲むわけですが、ウォーターサーバーなら、日本の銘水やミネラルウォーターなど自分の好みの水を選べますね。

そして、ミネラルウォーターの購入と比べると、重くないし、面倒じゃないです。

ミネラルウォーター買うと持ち帰りけっこう重いですからね。なのに毎回買いにいかないといけないですし。でもウォーターサーバーなら自宅にお水が宅配されてくるので、便利だし重い思いをしなくてすみますね。

ウォーターサーバーのお試し体験<ウォーターサーバーのメリット>

ウォーターサーバーのメリットは、一番は前回もお話したように、便利だということですよね。お水を運ぶ手間いらず!でもそれだけがメリットではないんです。他にもありますよ。たとえば、コーヒーを飲みたいときやカップ麺を食べたいときってお湯を沸かしますよね?でもウォーターサーバーがあればもうお湯を沸かす必要がなくなるんです。ウォーターサーバーは冷たいお水だけでなく、熱いお湯もすぐでるんですよ。便利ですよね。それに、災害がおきたときなんかでもウォーターサーバーがあれば、非常用の水として大活躍してくれますしね。ね、ウォーターサーバーのお試し体験してみたくなってきませんか?こんなに便利ならぜひ実感したいですよね。

お水は美容と健康にも欠かせませんから、良い水をたくさんとりたいですよね。

ちなみに一日に必要な水の摂取量を知っていますか?その人の体重にもよるんですが、食事などで摂れる水分とは別に1.5リットル~2リットル程度必要だといわれています。

そんなにたくさんのお水飲めてますか?ジュースやコーヒーじゃなくてお水ですよ。ちょっと厳しいですよね。しかし、私たちの体は約60%が水分なんですから、体にとって水はすごく大事なんですよね。ちなみに赤ちゃんの体は約80%が水分だそうです。だからあんなにもお肌がぷるんぷるんなんですかね。

ウォーターサーバーがお部屋にあれば、お水を摂ろうという意識の向上にもつながりますよね。それだけで健康の第一歩になりますよね。

ウォーターサーバーのお試し体験<水の摂り方>

お水を摂ることによって、いろんな病気が防げるのを知っていますか?体中に栄養を運んでくれる血液ですが実はこの血液、水分が多くふくまれているんですよ。なので、体中の水分が不足すると、血液がドロドロになって、動脈硬化や脳梗塞などをおこしたり、栄養がいきわたらなくなったりして、様々な生活習慣病へとつながっていくそうなんですよ。

 

それにお水をたくさん摂ることによって、体の老廃物を排出できやすくなりますし、女性に多い便秘も解消されたりします。

ですが、お水はいきなりたくさん飲むものではありません。まして、今までほとんど水分を摂らないような生活をしていた人は、いきなり無理してたくさん飲むとお腹をこわしてしまったりして、体調が悪くなる人もいますので、注意しましょう。

そういった人は、徐々に馴らしていくのが良いでしょう。最初はお試し程度の量を飲めるように、そしてだんだん増やしていって、2リットル飲めるように頑張りましょうね。

また、お水には正しい摂り方があるんですが知っていますか?それは喉が渇いたなと感じる前に飲むということです。

実は喉が渇いたなと感じるのは、体が水不足になってSOSを発信しているからなんだそうですよ。

なので、喉が渇いたなと思ったら、飲むタイミングとしてはもう遅すぎるということですね。

そして、気をつけたいのが、夜寝る前と朝起きてすぐです。この両方でコップ一杯のお水を摂るのが良いとされています。

ウォーターサーバーのお試し体験<お試し体験について>

お水を摂るタイミングは、基本的には喉がかわいたなと感じる前、そして夜寝る前と朝起きてすぐとお伝えしたんですが、まだ飲むのに良いタイミングがあります。

それは、運動中、運動後、入浴前後です。これら睡眠中、運動中、入浴中に共通するのは汗をかくということです。睡眠中もコップ1杯か2杯程度の汗はかきます。

なので、これらの状態は水不足になりやすいので、しっかり意識してお水を飲みましょう。

また、お水は1回に体が吸収できる量というのが決まっているようで、それが、250ミリリットル程度らしいです。

なので、お水はガブ飲みするのではなく、こまめにコップ1杯程度を何度も飲むというのが理想的なようですね。

ウォーターサーバーのお試し体験なんですが、実際にサーバーを利用している友達にお試しのことを聞いてみました。

お試しはどんどん体験した方がいいとのことです。やはりその友達も数社試してみたようですが、押し売りなどされずに、本当にお試しだけでも快く対応してくれたそうです

。全てのお試しがそういうわけにはいかないかもしれませんが、今はネットなどの口コミですぐにウワサが広まりますから、各業者ともに、そのへんの対応はきっちりしているというわけですね。

ちなみに友達は、業者にはっきりと「いろんなところのお試しを試してから、比較してから決めます」と言ったそうです。今はそういう人が多いようですね。

これで安心してウォーターサーバーのお試しができますね。

ウォーターサーバーのお試し体験<硬水をお試し>

ちょっと前に、ミネラルウォーターの硬水って流行りませんでしたか?

特に女性に。ダイエットにすごく効果的だって、コントレックスという超硬水が・・・モデルさんで飲んでる方が多いとか何とか・・・今でもかなり人気があるようですね。そのコントレックス、私も試したことあります。あれ以来、硬水を試したいとは一度も思いません。そうです、私の口には全くあいませんでした。

コントレックスを試した時の第一印象は、この水は半固体でしたね。

弾力のないゼリーと言えば大げさと思われるでしょうが、私にはそんな感じで、飲み込むのもやっとでした。たしかに、「噛むようにゆっくり飲んでください」みたいなこと書いてありましたね。

たしかに、この水飲めばお腹もふくれるでしょうし、ダイエットにはなるなと思いましたが、飲み込む時は、常に錠剤を流し込むときのような感覚で、3口程度飲むのがやっとでした。そういえば、私エビアンやヴィッテルも好きじゃなかったです。あれって、中硬水ですもんね。

どうやら、日本人には硬水が苦手な人が多いようですね。日本の水は基本的に軟水ですからね。

やっぱり育ってきた環境が一番!軟水はボルヴィックやクリスタルガイザー、どれを試してもしっくりきますね。

私のように硬水が苦手な人は無理に飲まない方が健康にも良いみたいですね。

体にあわないと、逆にお腹をこわしたりするそうなので、ダイエットのためにと我慢して飲むのも考えものですよ。

ウォーターサーバーのお試し体験<いろんなお試し>

思い返せば、私いろんなお試し体験してました。実はかなりのお試し好きのようなんです。

最近はしてませんが、よく百貨店の化粧品売り場で、新商品が発売されるたびにいろんな無料お試し商品をもらって帰ってましたね。

そのたびに、お肌の仕組みなんかを説明されるんですが、無料で新商品が試せますし、中には旅行用にぴったりのサイズでの無料お試し商品なんかもありますから重宝してましたね。

それに、エステの痩身のお試しも結構行きましたね。いろんなところのお試しにいけば、最終的には痩せるんじゃないかと思って・・・。だって、お試しで実感してもらって、通ってもらおうと思っているなら、効果だそうとエステティシャンもがんばってくれるだろうと思ってましたし・・・。実際はそういうところと、新人の練習用のお試しとお店によって違いましたけどね。

私の感想では、だいたい完全無料のお試しは新人の練習用で、有料だけど「格安お試し」は実感できるって感じでした。しかし、エステのお試しはホントに勧誘がキツイところも多かったですね。

施術後の勧誘が5時間程に及ぶところや、2人がかりでなく、3人がかりで勧誘してくるところもありましたし、一番キツかったのは、赤外線ドームにいれられたまま延々勧誘され続けたことですね。

コース組むまでドームから出られないんじゃないか?と思いましたよ。

その時は手もドームに入れてたので、水分補給はストローがささったものをエステティシャンが顔に近づけてくれるんですが、だんだん頻度が少なくなってきましたし、このまま焼け死ぬんじゃないかと思いましたよ。あれはさずがに怖かったなぁ。

でもその甲斐あってか、徐々に痩せましたけどね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です